産後の運動不足はこれ見て解決!? | 鎌ヶ谷市・流山市(南流山)で産後骨盤矯正なら骨盤専門サロンREFLA(リフラ)

産後の運動不足はこれ見て解決!?

こんにちは!
骨盤専門サロンREFLAの宮本です。

産後、1ヶ月検診までは外に出られないこともあり運動不足にもなりがち。
外出の減少は、体が硬い方にとって体重が増えやすい環境になっていると強く感じています。

どうして、体が硬い方の外出回数が減ると太りやすくなってしまうのでしょうか。

これは、どの筋肉を使って日常生活を過ごしているかが大きな要因です。

 


筋肉は、筋線維の質により大きく2つに分類されます。

 ① 赤筋線維インナーマッスルと呼ばれる)

 ② 白筋線維アウターマッスルと呼ばれる)

 

赤筋線維は、毛細血管の分布に富んでいて、疲れ知らずで、パワーは小さいけれど、ずっと働き続けることができる筋肉の線維です。

これに対し、白筋繊維は、すばやい動作や重量物を持ち上げるなど、力をこめる際に活躍する筋線維です。

このような役割の違いがあるとともに性質も異なります。

 

赤筋繊維は、脂肪と糖をエネルギーに変えるミトコンドリアという器官をたっぷり含んでいるのです。

ミトコンドリアの含有量は、赤筋線維の中に白筋線維の30倍以上も含まれると言われています。

脂肪と糖を燃やしてエネルギーに変えるミトコンドリアが30倍とすると、普段、座っている、立っている、寝ている、などほとんど力が要らない姿勢維持には赤筋線維に働いていただきたいものです。

 

しかし、関節の動きが硬い人は、体を動かす際に力みがちです。

軽くサッと動くべき関節が硬くなってしまっていたり、動く範囲が狭くなりがちだったりすると、何倍ものパワーが必要になります。

この状態が赤筋線維より白筋線維の仕事を増やしてしまうのです。

歯の食いしばり、肩のすくみ、座っているだけで背中や腰の筋肉が張ってくる感覚がある場合は要注意です。

力んでしまっていると、無意識に長時間働いてくれるインナーマッスルでなく、パワー系アウターマッスルばかりを使いがちになります。そうすると、使われるはずの糖と脂肪が使われず、代謝効率が下がりかねません。



インナーマッスルを活躍させて痩せやすい習慣をつけるためにオススメしたいのが「歩行」です。

その理由は、誰もが楽にできる運動ということ。

そして、常にリラックスして動けている分、パワー系のアウターマッスルを使わず、インナーマッスルがしっかり動員されるようになるからです。

しかも、その筋肉の使い方が体にクセづくため、日常生活でもインナーマッスルを使いやすくなっていくのです。

理想の1日の歩数は8000歩です。

まずは、歩数のチェックをしましょう。

スマホを使用中の方でしたら、ヘルスケアなどのアプリで歩数をチェックできます。

「体が硬め」+「歩数が4000歩以下」ですと危険信号です。

体に力む動作がクセづき、溜め込み体質になっているおそれがあります。

いきなり8000歩は難しいという方は、

最初はプラス2000歩(20分ほどの歩行)を目指してみてください。

より効果を上げるのに有効なのが“大股歩き”です。

歩幅を広げることでお腹の中のいちばん深いところにある腸腰筋というインナーマッスルを使いやすくできます。

1. 歩数の確認 2. 大また歩き

これだけで結構です!

この2つを意識することで、産後についてしまった憎き脂肪を撃退してみてはいかがでしょうか?

 

当院では、お客様の体の状態に合わせてオーダーメイドで栄養指導やストレッチ、筋トレをお伝えしています。
お気軽に予約・お問い合わせください。

=================================

【当院のコンセプト】

骨格調整×ピラティス×栄養アプローチで悩み続けない体へ

REFLAの由来】

RelaxRefreshRebornを組み合わせた造語

細胞が変わると身体が変わり

身体が変わると心が変わり

心が変わると生活が変わり

生活が変わると人生が変わる

【当院のメニュー紹介】

●産後の骨盤矯正
●産後ダイエット
●マタニティ整体
●一般整体
●妊活整体
●ブライダル整体

 

関連記事

  1. 眠くて辛いを卒業!朝、シャキッと起きれる方法

  2. 現代の人が足りていない栄養素「ミネラル」その2

  3. ダイエットでよく聞くグルテンに関するお話

  4. 産後ママにタンパク質が必要な理由

  5. 猫背になっていませんか?大事な姿勢のアレコレ①

  6. 生活習慣病にも関わってくる血糖値のアレコレ