夏でも隠れ冷え性!?覚えておきたい原因と対策 | 鎌ヶ谷市・流山市(南流山)で産後骨盤矯正なら骨盤専門サロンREFLA(リフラ)

夏でも隠れ冷え性!?覚えておきたい原因と対策

こんにちは!
骨盤専門サロンREFLAの宮本です。

今回は『冷え症』についてお伝えします。

 

冷え性は寒い季節だけに起こる症状ではありません。
気温の高い夏でも、冷え性に悩む人が増えています。
冷え性ではないと感じている人も要注意で、夏の暑さでカラダの冷えに気づかないということもあるんです。

 

冷え性は病気ではありませんが、本来働くべき体温調節機能がうまく機能していない状態であり、主な原因として、次のようなことが考えられています。

 

1.自律神経の乱れ:ストレスや不規則な生活などにより、体温調節の命令を出す自律神経がうまく機能しなくなります。また、常に室内の空調が効いていると、室内外の温度差が激しくなるため、自律神経の機能が乱れます。

 

2.皮膚感覚の乱れ:きつい下着や靴などでからだを締めつけたりすると血行が滞り、「寒い」と感じる皮膚感覚が麻痺することがあります。そのため体温調節の指令が伝わりにくくなってしまいます。

 

3.血液循環の悪化:貧血、低血圧や血管系などの疾患がある人は、血流が滞りがちになります。

 

4.筋肉の量が少ない:女性は男性に比べて筋肉が少ないため、筋肉運動による発熱や血流量が少ないことも、女性に冷え症が多い原因の一つと考えられています。また、女性だけではなく、運動不足の人も総じて筋肉量が少ないため、冷えやすくなります。

 

5.女性ホルモンの乱れ:ストレスが多かったり、更年期になったりすると、女性の心身をコントロールする女性ホルモンの分泌が乱れ、血行の悪化などを促進することがあります。

 

また、夏の冷え性の原因としては、
食事量の減らし過ぎ

   

冷たい物のとり過ぎ

 

動不足

室内と外の温度差

などが考えられるため、当てはまる方は注意してください。

 

それでは冷え性にならないために、どうしたら良いのでしょうか?

 

1.1日3食バランスよく食べる
カラダを温める熱エネルギーは、食事のエネルギーから作られます。主食(ご飯・パン・麺類)・主菜(肉・魚・卵・大豆製品)・副菜(野菜・海藻類)の揃った食事を心がけ、食事量を減らし過ぎないようにしましょう。

 

2.カラダを温める食材を食べる
唐辛子・生姜・こしょうには、カラダを温める効果があるので、上手にとり入れてみてください。また、血流を良くするビタミンE・鉄分・マグネシウムも積極的に摂りたい成分です。魚介類・ナッツ類・緑黄色野菜・海藻類などに豊富に含まれています。

 

3.運動習慣をつける
ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれていて、足まで届いた血液を心臓に戻すポンプの役割をしています。ふくらはぎをパタパタ動かしたりするだけでも、血液やリンパ液の流れがよくなり、冷えやむくみを緩和できます。また、ウォーキングのような運動を続けるのも効果的。下半身の筋肉が鍛えられて代謝がよくなり、カラダが冷えにくくなります。

 

4.冷えを防ぐ服装を心がける
血流を妨げるきゅうくつな服装はNGです。また、東洋医学では、冷やしてはいけないツボが首・お腹・足首にあります。腹巻や足首まで隠れる靴下を利用して、これらのツボを冷やさないようにしてみてください。冷房の効いた電車内やオフィス内でも調整ができるよう、カーディガン・スカーフ・ひざ掛けなどを用意するのもよい方法です。

 

5.湯船につかる
暑いからといって、短時間のシャワーや冷たいシャワーで入浴を済ませるのはおすすめできません。湯船につかるようにして、カラダを芯から温める時間を作りましょう。血流が良くなり、冷え対策に有効です。

 

日常生活のちょっとした気配りで、冷え性は改善されます。できることを毎日続けて、冷え知らずのカラダを目指しましょう。

=================================

【当院のコンセプト】

骨格調整×ピラティス×栄養アプローチで悩み続けない体へ

REFLAの由来】

RelaxRefreshRebornを組み合わせた造語

細胞が変わると身体が変わり

身体が変わると心が変わり

心が変わると生活が変わり

生活が変わると人生が変わる

【当院のメニュー紹介】

●産後の骨盤矯正
●産後ダイエット
●マタニティ整体
●一般整体
●妊活整体
●ブライダル整体

 

関連記事

  1. 老化の大敵!〇〇の摂りすぎはお肌に良くないって知ってた?①

  2. ダイエットには欠かせない魔法の飲み物〇〇

  3. 頭皮マッサージはいいことづくめ!?

  4. 眠くて辛いを卒業!朝、シャキッと起きれる方法

  5. ママ必見!免疫力を上げるのに必要なのは〇〇だった!?

  6. さようなら!背中の憎き脇肉