産後ダイエットにおける重要なお話 | 鎌ヶ谷市・流山市(南流山)で産後骨盤矯正なら骨盤専門サロンREFLA(リフラ)

産後ダイエットにおける重要なお話

 

こんにちは!
骨盤専門サロンREFLAです。

今回は『産後ダイエット』についてお教えします!

 

ぽっこりお腹が出てる
脚がむくみやすい
お尻が大きく、垂れた気がする
くびれが無くなった
体質が変わった

産後、こんな症状でお悩みないですか?


通常のダイエットでは、消費カロリーを多くして脂肪を燃焼しながら痩身を目指すことが主な方法となりますが、産後ダイエットにおいては、衰えてしまった筋肉を鍛えて「機能を取り戻す」ことにも着目しています。

 

まずは、骨盤底筋群ですが、骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)とは骨盤の底部にある筋肉の集まりで、膀胱や子宮、直腸を支えています。
骨盤底筋群は出産によってダメージを受け、ゆるんでいますので、少しずつ動かして鍛えていきましょう。



①仰向けになり、両手をおなかの上に置く
②肛門を軽くしめた状態で5秒維持する
③次に、おしっこを止める感じで5秒間維持する
④痛みを感じないようなら、②と③を同時に5秒間維持する
⑤一呼吸休んで再度繰り返す(10回ワンセットとして、1日3~5セットを目安に)

 

 

産後の骨盤矯正に関しては、その分野だけに特化した書籍があるほど、実に多くの方法があります。

骨盤のゆがみを軽めのストレッチによって、徐々に整えていきましょう。
①仰向けになった状態で両腕を体の横におき、両ひざを立てる
②鼻から息を吸い、口から息を吐きながら両ひざを右に倒す
③息を吐ききったら、鼻から息を吸いながら両ひざを正面の位置に戻す
④一呼吸休んだら、左側も同様に行う(5回ワンセットとして、1日3~5セットを目安に)

 


産後のお腹はかなりゆるんでいて、白線[※]と呼ばれる部位も左右に広がり腹筋がうまく使えなくなっています。
白線の広がりを解消するための腹筋運動を始めましょう。

①仰向けになり、両ひざを立てる
②両手はウエストあたり(白線の両脇あたり)におき、指はヘソの方へ向ける
③軽くアゴを引いて頭を起こすと同時に、両手を白線に向けて軽く押さえながら寄せる
④この状態を5秒間維持する(5回ワンセットとして、1日3~5セットを目安に)

※みぞおちあたりから下腹部あたりにかけて、正中線上に存在する部位

 

骨盤底筋群と腹筋がある程度回復してきたら、産道を確保するために広がった骨盤下口(こつばんかこう)の改善を行います。

ここでは椅子を使って、脚のつけ根の広がりを改善します。

①お尻を引き締めた状態で椅子に座る
②背もたれに少し寄りかかり、両手で椅子の座面両端部を押さえ、お尻を少し持ち上げる
③この状態を5秒間維持する(5回ワンセットとして、1日3~5セットを目安に)

 

たるんだお腹をひきしめ、体重や体形を妊娠前の状態に戻すことは、美容の観点においてはとても素晴らしいことですが、何よりも大切なことは心身ともに健康であることです。
新たな生命の誕生に感謝したり、家庭をもつ喜びを感じたり、一緒に楽しく遊んだりするためには、心身共に健康でなくてはなりません。

まずは健康になることを第一に考え、その上で「かっこいいママさん」や「きれいな奥様」を目指してみてはいかがでしょうか。
また、当院では「かっこいいママさん」や「きれいな奥様」になるためにサポートするコースなど多数用意しておりますのでお気軽にお立ち寄りください。


【本日のまとめ】

1.産後ダイエットでは、衰えてしまった筋肉を鍛えて機能を取り戻すことが大事。

2.まずは心身ともに健康になることを目指すことがダイエットへの近道となる。

=================================

【当院のコンセプト】

骨格調整×ピラティス×栄養アプローチで悩み続けない体へ

REFLAの由来】

RelaxRefreshRebornを組み合わせた造語

細胞が変わると身体が変わり

身体が変わると心が変わり

心が変わると生活が変わり

生活が変わると人生が変わる

【当院のメニュー紹介】

●産後の骨盤矯正
●産後ダイエット
●マタニティ整体
●一般整体
●妊活整体
●ブライダル整体

 

関連記事

  1. 悩める女性必見!基礎体温はこうやって上げる!

  2. 産後のリカバリーを支える「家族が出来る5つのケア方法」

  3. 日光浴の驚くべき効果とは!?

  4. ママさん必見!疲れにくい体を作るには?

  5. 老化の大敵!〇〇の摂りすぎはお肌に良くないって知ってた?②

  6. 産後の運動不足はこれ見て解決!?